新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、外出自粛やテレワーク推奨の生活が続いています。
それにより、運動量の減少や「座りすぎ」による健康への影響が心配されています。

あなたは1日のうちに何時間座っていますか?
座った状態が長く続くことで、全身の血流が悪化し、代謝が落ち、血管が詰まりやすくなります。
その結果、肥満、高血圧、糖尿病、認知機能の低下、がん、うつなど様々な病気のリスクが高まると言われています。

座り過ぎによる健康リスクは、30分に1回立ち上がり動くことで軽減すると言われています。
まずは、座りっぱなしではなく、ときどき立ち上がって体を動かすことから始めましょう。